安いプロジェクター・PROJECTORはあり?

プロジェクター・PROJECTORを購入したいけど、お金がないという人たちは安いプロジェクター・PROJECTORでもいいと思うかもしれません。

しかし、価格が安いプロジェクター・PROJECTORと、価格の高いプロジェクター・PROJECTORには、どのような違いがあるのでしょうか。

安物買いの銭失いには果たしてならずに済むのでしょうか。

プロジェクターレンタルはAZA

安いプロジェクター・PROJECTORの選択肢

安いプロジェクター・PROJECTORには、ほとんどDLP方式が採用されています。DLP方式って結構価格の安いプロジェクター・PROJECTORでは単式なのでレインボーノイズと呼ばれる虹色の残像が見えてしまうことがあります。

もしもみなさんが価格の高いプロジェクター・PROJECTORを購入すれば光の三原色それぞれに対してDLPフィルターの設置がありますので、残像感が無い居心地の良さがあります。

しかし実際にそのようなプロジェクター・PROJECTORは価格は100万円前後もしてしまうでしょう。

なかなかそのようなプロジェクター・PROJECTORには手が出せないのも事実です。

3LCD方式を採用している

プロジェクター・PROJECTORは実際に性能がいいものをリーズナブル価格で購入出来るというのがいいと誰もが期待していることでしょう。そのような期待にメーカーでは答えようと一生懸命頑張っています。

3LCD方式を採用しているメーカーが最近増えて来ていますが、そのような3LCD方式も、価格と残像感の両方を解決する方法として有効的手段です。

このようにしてプロジェクター・PROJECTORの価格の違いは、投影方式の違いが大きく反映してしいます。

同じ数万円で購入可能なモデルというのなら、DLP方式よりも3LCD方式を採用したモデルの方が性能がいいのでおすすめです。

解像度の問題

更に価格の高いプロジェクター・PROJECTORとそうでないプロジェクターには解像度の違いがあります。

解像度をチェックすれば、安い価格のプロジェクター・PROJECTORは、投影画面サイズは100インチと大きくても解像度がSVGAやXGA程度という低い現実問題があります。

会議で使用しても、資料を投影した時に参照可能の範囲が狭くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

会議や映画観賞を行う際どの程度のプロジェクター・PROJECTORをあなたが求めているか、じつくり検討してみましょう。