プロジェクターに大事なのは解像度

あなたはプロジェクター・projectorに対してどのような向きあい方をしているでしょう。プロジェクター・projectorを選択する上で大事なのは、「解像度」です。

プロジェクターレンタルはAZA

プロジェクター・projectorの解像度の見方

「パソコン」と「プロジェクター」の解像度は出来るだけ一致させたほうが、映像が美しくなる傾向にあります。

せっかく新しいパソコンだとしても、古いプロジェクター・projectorを使用している限り、それ程いい映像は期待出来ないかもしれません。

画面比に対しても、
4:3と16:10(ワイド)と言ったものが存在していますが、パソコンがワイドなら、プロジェクター・projectorもワイドに合わせた方が、より使い勝手もいいでしょう。

以前、プレゼン用のスライドを4:3のサイズで作るということをしていた方々もいらっしゃるかもしれませんが、現在では、パソコンがワイドを採用していることが多いので、16:10の解像度を持っているプロジェクター・projectorにニーズが俄然高まっているということが出来ます。

このようなニーズによってプレゼン用のスライドもより情報量が多いワイド画面で作ろうという方々も、増えて来ています。

ビジネス用プロジェクターの解像度はどの程度必要?

あなたが、ビジネスシーンで、プロジェクター・projectorを活用するとき、実際にどの程度の解像度のものを求めればいいのでしょうか。

プレゼンのためのプロジェクター・projectorってわかりやすいことが一番です。ですから、大きく、見やすくということを前提においてプロジェクター・projectorと向きあっていたことでしょう。

しかし、このようなことは、実際にプロジェクター・projectorの解像度が低いから懸念しなければならなかった問題点です。かつて、スライドに情報量を詰め込みすぎて、スクリーンに投映したとき、文字が潰れてしまい見えなくなってしまった……という方々も結構多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしいま、プロジェクター・projectorの解像度がアップしたからこそ、「大きく、見やすく」ということは、私達が抑えておかなければならない基本ということではなくなりました。

プロジェクター・projectorには、細かい文字、図表も鮮明に映し出せる機種が増えて来ているため、更に用途は増え、グラフや表を活用した細かい資料を提示させたり、スライドの他、動画やWebサイトを表示したりという自在な使われ方がされています。